*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【歯磨きを嫌がる1歳】とっておきの対策6つ!歯磨きのQ&A聞いてきたよ!

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

2歳になってからだいぶ歯磨き好きになってきた双子ちゃんではありますが、1歳の頃の「歯磨き嫌い」はとてもすごいものでした^^;

 

そんな歯磨きを嫌がる双子ちゃんに困り、「歯磨き指導」に行ってきたときの記録です。

「フッ素ジェルは必要?」「哺乳瓶やめたほうがいい?」などの歯磨き疑問も聞いてきたので、同じように歯磨きイヤイヤに悩んでいるかたのご参考になれば嬉しいです^^

 

 

 

歯磨きはいつから始める?なかなか生えてこないけど大丈夫?

歯磨きは「歯が1本でも生え始めたら」と言われています。

 

一般的な歯の生え方としては以下を参考に。

生後6~9ヶ月 下の前歯が生えてくる
生後9~10ヶ月 上の前歯が生えてくる
生後11ヶ月~1歳頃 上下の歯が4本ずつ揃う
1歳2ヶ月~1歳6ヶ月 奥歯(第一乳臼歯)が生える
1歳9ヶ月~2歳頃 犬歯が生える
2歳6ヶ月頃 奥歯(第二乳臼歯)が生える

 

といってもあくまで個人差は大きく、我が家の双子ちゃんは生後10ヶ月でようやく下の前歯が生えたため、本格的に歯磨きをスタートしたのは1歳3か月頃からと遅かったです。

 

歯の成長スピードに関しては焦らなくて大丈夫だと歯科医からは言われていました。

むしろ私は「まだ歯磨きしなくていいからラクだな~」と思ったりもしていましたので、安心してくださいね^^

 

初めての歯ブラシのおすすめは?

我が家は8ヶ月頃から赤ちゃん用のシリコン歯ブラシは持たせていました。歯ブラシ自体に慣れておいてほしかったんですよね。

実際今でも歯ブラシは大好きな双子ちゃんです。

 

 このピジョンの歯ブラシはヘッドが3段階にわかれているので、成長にあわせて変えて渡していました。

●レッスン1・・・歯が生え始める頃から(6ヶ月頃から)。歯ブラシ感覚にスムーズに慣れる練習
●レッスン2・・・前歯が揃い始める頃から(8ヶ月頃から)。歯ブラシを少し奥に入れる練習
●レッスン3・・・奥歯が生える頃から(12ヵ月頃から)。植毛タイプの乳歯ブラシでみがく練習

 

喉付き防止のプレートがあるのも嬉しいポイントです。

 

写真の歯ブラシは違うメーカーのものですが、大人が歯磨きしていると真似したがり、わんちゃんを磨く習慣もついていました。

f:id:mix-twin:20180713191814p:plain

ただ、この時期(1歳半頃)仕上げ磨きはとても嫌がっていました。(2歳の今もお兄ちゃんは暴れますが^^;)

思いっきり噛まれたことも数えきれません。

 

 

仕上げ磨きの歯ブラシの選び方は?

仕上げ磨きをするようになってからは、ピジョンのシリコン製から、やわらかめの毛先の歯ブラシに変えていきました。

1歳半頃は以下のアンパンマン歯ブラシをよく使っていました。

 

 

 

 仕上げ磨きの歯ブラシ選びのポイントは3つに注意してください。


・毛足が短く、毛が密集してる
・柄が細く、持ちやすい
・思っているよりかため


「赤ちゃんの歯ブラシのかたさは柔らかめがいい」というイメージですが、歯科衛生士さんいわく「あまりに柔らかいとへたってしまってきちんと磨けないの。自分の爪の生え際をこすってみて、痛くなければ赤ちゃんも痛くないよ!」とのことでした。



それから子供が自分で磨く用の歯ブラシも別に用意することをおすすめします。

その際は

・喉つき防止対策してある歯ブラシにする
・カミカミしてぼろぼろになっても頻繁に交換する必要はない

とのこと。
赤ちゃんが気に入ったものを持たせてあげて、歯ブラシの感触に慣れてもらうのが目的の歯ブラシです。



仕上げ磨きの基本

仕上げ磨きは3つのコツが必要です。

普段に磨き方をチェックしてみてください。

 

1.歯ブラシの持ちかた

鉛筆を持つように、少し短めに握る。

こうすることで優しく、細かくブラシを動かすことができます。


2.動かし方

歯ブラシを歯の表面に直角にあて、歯と歯茎の境目は小さくふるわせるように動かします。
磨く時間は1本あたり数秒で十分です。


3.上唇小帯をガード

上唇裏にあるひものような組織に歯ブラシが当たると痛いので、歯ブラシと反対側の人指し指で上唇を押さえるようにして上唇小帯をガードしてあげます。
歯科衛生士さんに実践を見てもらったところ、思っていたよりがっつり口の中に手をつっこむよう指導されました。

 

歯磨きを嫌がるときの対策6つ

では本題の歯磨き対策です。

ご家庭で取り組みやすいものから取り入れていってみてください。


1. 歯磨きごっこ

これは歯ブラシをもたせ始めた時からやっていました。
ぬいぐるみのお口を一緒に磨くことで、歯磨きへの抵抗をなくします!

 

2.大人が楽しく歯磨きしているのを見せる

子供はほんとによく見ていますよね。
ママやパパが歯磨きしていると、双子ちゃんは自分のミニ歯ブラシを持ってくるようになりました^ ^


3.ほめながら笑顔で

歯磨きに真剣になるあまりに、すごく怖い顔になってしまうママが多いそう。
 「意識的に笑顔を作る」そして歯磨きが「気持ちいいこと」だと認識してもらえることが大切です。

 あとものすごく暴れて泣くのでイライラしますし、どんなに褒めるところがなくても、とにかく最後は「頑張ったね!」と褒めてあげることが大切なのだそうです。

 

4.自分でやっているところ、横からさりげなく

我が家の双子ちゃんは歯磨き自体は好きなので、ご機嫌で磨いているところを、スルリと手を添えて一緒に磨きます!ただこの方法の欠点は、立ちながら磨くためきちんと磨けないため、一時的なしのぎですね^^; 

 

5.「1日3回、トータルで全体磨ければいいか」という心構え

毎回毎回きちんと磨かなきゃ!と気負うと歯磨きが負担になってきてしまいます。なので朝は上の歯、お昼は下の歯、夜は奥歯を重点的に、というように1日のトータルでみてもいいそうです^ ^こう考えると少し気が楽になりませんか?

 

 6.歯磨きジェルを使ってみる

双子ちゃんはぶどう味が好きなので、様々なぶどう味ジェルを試し、現在はこれに落ち着いています。

 

 ジェルは必要なものではないですが、これで歯磨きが好きになるなら使うもの一つの手かなと思っています。

 

 

歯磨きのあれこれQ&A

  以下、歯科衛生士さんに質問したQ&Aです。

 

  フッ素ジェルとか塗ったほうがいいの?

甘いものが多いのでおすすめはできません。ただ歯磨きを嫌がる子のきっかけとして少量使う程度ならいいかもしれません。まずは「磨く」ことを大事にしてください。 

 

歯磨きの姿勢は寝かせなければだめ?

寝かせるとママがお口の中を見やすいので推奨されていますが、嫌がるようなら横抱っこだったり、立ったままでも大丈夫。 

 

大人とスプーンやコップ、食事の共有は控えたほうがいいの?

確かに唾液で虫歯菌がうつるので避けたほうがいいですが、やはり一緒に生活している以上はうつってしまうもの。そこに神経質になるよりも、大人も虫歯にならないように気をつけたほうがいいですね。 

 

哺乳瓶はやっぱり歯並びが悪くなるからやめたほうがいいの?

哺乳瓶は歯並びに影響するだけでなく、『ボトルカリエス(=哺乳瓶虫歯)』といって、前歯の表側や裏側が虫歯になる危険があるため、やはり1歳前後からコップで飲ませたほうがいいですね。 

 

特に虫歯になりやすいのはどこ?

歯ブラシが届きにくい歯と歯の間や歯の根元。特に上の前歯は下の前歯に比べて唾液が届きにくいので危険です! ちなみに歯の付け根に白い部分があったら初期の虫歯なので要注意!!この段階なら歯磨きなどで治ります。 

 

 無理矢理やってトラウマにならない?

知らない人に抑え込まれるわけではないので、あまり心配せずにきちんと磨いてあげることを優先して。虫歯になることのほうがかわいそうです。 

 

【仕上げ磨きを嫌がる1歳への対策】まとめ

 歯磨き指導で、今まで知らなかったお話を聞けて、とても有意義な時間になりました。 大事なことはとにかく歯磨きを習慣づけること・泣かれてもひるまず頑張ることだそうです。

 

歯磨き対策6つはこちら。

1. 歯磨きごっこ
2.大人が楽しく歯磨きしているのを見せる

3.ほめながら笑顔で
4.自分でやっているところ、横からさりげなく
5.「1日3回、トータルで全体磨ければいいか」という心構え
6.歯磨きジェルを使ってみる

 

 2歳の今では、妹ちゃんは仕上げ磨きも全く嫌がりません。

お兄ちゃんは相変わらず泣きさけんで逃げます^^;

個人の差も大きいと思いますが、将来的に健康な歯が保てるよう習慣化できるように頑張りましょうね^^