*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで暮らしのこと、コスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いてます♪

【子供のはさみ】いつから?おすすめのはさみは?持ち方、切り方どうやって練習する?【随時更新】

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

現在2歳2か月の双子ちゃん、しまじろう(チャレンジ)がはさみを使っているのをみて、はさみに興味を示すようになってきました。

 

初めてのはさみはいつから練習させる?

■おすすめの使いやすいはさみは?

■100均はさみと500円のはさみの違いは?

■持ち方、切り方の練習方法は?

■2歳2か月ではさみを使ったらこうなった!

 

といった疑問の参考になれば嬉しいです^^

双子ちゃんがステップアップしたらその都度更新していこうと思います。

 

 

 子供のはさみはいつから?

 こどもちゃれんじでは2~3歳向けの「ぽけっと」コースではさみの工作をすすめていたので、大体2~3歳が目安かと思います。

ちなみに双子ちゃんの通っている幼稚園では、年中(4~5歳)さんからはさみを使って工作しているので、3歳頃から練習を始めようかなぁと思っていました。

 

が、前述したように2歳2か月で興味を持ち始めたので、思っていたより少し早めではありますが、はさみの練習を始めることにしました。

結果的にすでに結構上手になってはいますが、まだ言葉のコミュニケーションが未熟で危なっかしいこともあるため、焦って早く始める必要はないかと思います。

お子さんがやりたがる時期が一番のおすすめ時期なんでしょうね^^

 

初めてのはさみを選ぶ時のポイント

初めてのはさみを選ぶ時のポイントは、以下の5点です。

■刃先がまるくガードされている

■力をこめなくても開閉しやすい(スプリングがついている)

■右利き、左利きに合ったもの

■できれば普通のはさみのように切れ味がいいもの

■手指の大きさにあっている

 

ポイントを踏まえて、まずは口コミ評価の高いこちらを購入してみました。

 

 

 

 大体500円前後です。

子供用のはさみとしてプラスチックのはさみもありますが、切れないハサミに慣れてしまうと本物のハサミを持たせた時に逆に危ないと思ったので、危険を教えるためにもはじめから切れ味のよいものを選びました。

 

そのあとに100均(ダイソー)でも子供用はさみを購入しました。

 

f:id:mix-twin:20190425203737j:plain

 

この2つの比較や使いやすさはのちほどご紹介しますね。

 


【子供用】はさみの持ち方

はさみを使うときは、立ったまま使わずきちんと座り、テーブルの上で紙を切るように教えます。

はさみは体の中央で持ち、肘を机につけて安定させ、はさみは縦にして使います。

持ち方は年齢や手の大きさに応じて変えていくことをおすすめします。

 

■2歳、または手が小さい子

まだ手が小さい2歳児の場合、小さいほうの上の穴に親指、大きいほうの下の穴に人差し指と中指を入れます。

開閉が不安定な場合は、下の穴に薬指も入れてあげると安定します。

f:id:mix-twin:20190425203824j:plain

 

■3歳以降

手が大きくなってきてからは、下の穴に中指と薬指を入れて、人差し指を下の穴の前にひっかけるようにして持ちます。

 

f:id:mix-twin:20190425203814j:plain

 

 実は私…この正しい持ち方を知らなくて、31年間ずっと2歳持ちをしていました^^;

私もこの機会にはさみの練習しなおさなきゃ。

 

 

はさみの使い方4ステップ

では実際に練習していきます!

ステップ1: 開閉の練習

まずは何も切らずに、はさみを開いたり閉じたりする練習です。

はさみは下の刃を動かさずに、上の刃を縦に動かして物を切ることも教えていきますが…双子ちゃんはこのステップがつまらなかったらしく、数分で飽きました^^;

 


ステップ2: 1回切りの練習

細長く切った紙を、はさみを1回動かすことで切る練習です。

最初は細い紙で練習し、上手になったら紙の幅を太くしていくのがおすすめです。

 

初めはなかなか上手にできないので、まずはママが紙をもって、はさみの奥のほうに差し込んであげると「切る」という感覚が身に付きやすいかと思います。

あとは切る時に、「ワニさんがパックン」などと声かけしてあげると楽しいようで、双子ちゃんは1時間近く集中して練習していました。(2歳2か月の現在はここどまり)

 

練習2日目には、教えてないのに妹ちゃんが「3歳以降の正しい持ち方」をしたのにはびっくりしました^^;

f:id:mix-twin:20190427201702j:plain

 

 

ステップ3: 連続切りの練習

1回切りになれたら、連続切りの練習です。

はさみを閉じたり開いたりして長い距離をまっすぐ切っていく方法ですね。
「チョキチョキチョキ」と連続切りすることによって、切ることを楽しみながら練習していきます。

 

このとき、完全に刃を閉じずに進むことがポイントなので、うまく声掛けしてあげてください。

 


ステップ4: 多方切り、曲線切りの練習

直線切りになれたら、向きを変えてみたり、丸くなるように切ってみるなどの練習です。

このときもやはり刃は完全に閉じずに、次に進みますが、多方切りや曲線切りを行う場合、はさみではなく持っている紙のほうを動かすのがポイントです。

 

ここまで来たら親子で一緒に工作したり、市販のドリルを使ってみても楽しそうですね^^

 

はさみドリルのおすすめ

はさみの練習には公文や学研がおすすめです。
はさみに特化したドリルだけでなく、紙を折ったりのりで貼ったりといった練習もできます。学研だとこちら。 

 

 

 公文は「きりえ」「こうさく」それぞれ分かれています。

 

 

 

 

まだステップ2の双子ちゃんには、こちらのページの「はじめてのはさみ」シリーズを印刷して使わせてもらっています▼

はさみ練習・のりで貼る練習 プリント|幼児教材・知育プリント|ちびむすドリル【幼児の学習素材館】

 

この「ちびむすドリル」さんにはとてもお世話になっていて、はさみだけでなくシール貼りや鉛筆練習などにも使わせてもらっています。

 

例えばこんな感じではさみの練習ができます。

f:id:mix-twin:20190425203811j:plain

 

イラストがどれもかわいく、成長段階にあったワークが数多くあるので、双子ちゃんも夢中になって取り組めています^^

 

2歳2カ月現在はまだここまでのレベルにも到達していないため、私が書いた適当すぎるニンジンを切ってもらっています。笑

f:id:mix-twin:20190427201633j:plain

 

【はじめてのはさみ】100円と500円のはさみの差は!?

こちらが実際に初めてのはさみの練習中です。

 

f:id:mix-twin:20190426203636j:plain

 

2人とも真剣に軽く1時間は集中しています。

まずは細く切った紙をまずは適当に切る練習。

 

色的にお兄ちゃんが500円のはさみ、妹ちゃんが100円のはさみを使っています。

見た目の違いとしては、やはり500円のほうが刃がしっかりしています…が、切れ味は大差ないかなという印象です。

 

 

どちらも開閉しやすいようにスプリングはついていますが、100均のほうが弱い力でも開閉することができました。

そのためなのか、もともと器用さが違うのかわかりませんが、100均のはさみを使う妹ちゃんのほうが断然上手なはさみさばきです。

 

というわけで、今の段階では100均のはさみで十分では…と思っています^^;

もっと厚い画用紙などを切るようになったらまた違うかもしれませんね。

 

【はじめてのはさみ】まとめ

興味を持ち始めてから使わせてあげると、やっぱり上達が早いですね。

楽しく集中できるはさみですが、普段は手の届かないところにしまっておいてくださいね。

それから以下の約束事も毎回言い聞かせることをおすすめします。

「必ず大人の前で使う」
「必ず座って使う」
「持って歩かない」
「振り回さない」
「人に刃を向けない」

「髪の毛やじゅうたんなど紙以外は切らない」
「人に渡す時は自分が刃の方を持つ」

 

 

双子ちゃんは紙の取り合いでケンカし、はさみで相手を殴ろうとしたため、全力で叱りました>_<

安全にはさみを使って、親子で工作を楽しんでください^^