*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで暮らしのこと、コスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いてます♪

【双子は不妊治療?】自然妊娠で双子が生まれる確率ってどれくらい?

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

私は妊活を始めてから7周期で男女の双子を授かりました。

人工授精や排卵誘発剤も使いましたが、結果的に自然妊娠で授かっています。

詳しくはこちらをご覧ください▼

www.mixtwins.work

 

治療の結果であれ、自然妊娠であれ、子どもが元気に生まれてくれればそれでいいのですが、双子であるだけで「自然妊娠?」「不妊治療してた?」と言われることが多いです。
残念ながら、不妊治療に対して否定的に思うかたの心ない言葉で嫌な気持ちになったこともあります。

 

今回は双子と不妊治療の関係、そして双子の確率について考えてみます。

 

 
そっくりな双子とそんなに似ていない双子

双子は大きく2つにわけることができます。


そっくりな一卵性双生児

一つの卵子、一つの精子が出会い、受精卵となります。
その後細胞分裂が開始しますが、なんらかのはずみで一つの受精卵が2つに分かれて双子になったのが一卵性双子です。

もともとは1つの受精卵だったものが分裂することで双子になるので、そっくり、かつ同じ性別であることが多いです。

 

そんなに似ていない二卵性双生児

2つの卵子がほぼ同時に排卵され、2つの精子がそれぞれの卵子と受精し、双子になります。

二卵性双生児の場合は、「別々の卵子がそれぞれ精子と出会い受精する」ので、双子でも見た目が似ていない場合が多いです。
性別は同姓、異性どちらの可能性もありますが、我が家のように異性(男女)の双子の場合はほぼ確実に二卵性です。

 

二卵性の双子なので、パーツは似ていますが、それは兄弟レベルの類似。

f:id:mix-twin:20181231183241j:image

 

双子になる確率はどれくらい?

見た目がそっくりな一卵性双生児を妊娠する確率は、およそ0.4%といわれています。(人種に関わらずほぼ一定)

一卵性双生児が発生する原因は、医学的に解明されていないのが現状です。

 

一方、あまり似ていない二卵性双生児を妊娠する確率は、人種や遺伝によって異なりますが、以前の日本では0.2~0.3%の確率で自然発生するといわれてきました。

が、不妊治療が広まってからは約1%ほどまで増えています。

 

つまり100人妊婦さんがいたら、そのうち1~2人ほど双子を妊娠しているということです。

実際双子を妊娠、出産してみると、「私も双子育てたわ」「双子の親せきがいるよ」「双子の友達クラスにいたな」と皆さん双子情報を教えてくれるので、この数字以上に双子は多いのではないかという感覚になってしまいます^^;

 

 

双子が生まれやすくなる3つの要因

双子=不妊治療というイメージを持っているかたもいますが、もちろん治療以外にも双子が生まれやすくなる要因があります。

 

1、排卵誘発剤を使った場合

不妊治療といっても、双子ができやすくなるのは「排卵誘発剤を使用した」場合のみです。

排卵誘発剤は排卵が自力でできない、卵がうまく育たたない、周期が安定しない、などの症状があるときに使われ、飲むタイプの排卵誘発剤では、双子の確率は4~5%まで上昇します。

 

注射するタイプですと、双子以上になる確率は自然妊娠と比較して20倍まで上昇します。

 詳しくはこちらを▼

www.mixtwins.work

 

 また、以前は体外受精の際に2個以上の胚を子宮に戻すことも双子の確率を高めていましたが、現在は原則1個という規制がかかったため、体外受精での双子妊娠の確率は高くありません。

 

 

2、遺伝(体質)

一卵性の双子妊娠の発生頻度は、人種にかかわらずほぼ一定で0.4%程度ですが、二卵性の双子妊娠の頻度は人種によって異なります。

また、母方の親せきに双子がいる場合は、遺伝要素で双子が生まれる可能性が高くなるといわれています。

 

3、 高齢出産の場合

「高齢出産では双子を妊娠しやすい」と言われています。

これは、2つの意味合いがあり、1つは高齢になって不妊治療をする、排卵誘発剤を使用する人が増えてくる、という意味合い。

2つ目は、遺伝子を次世代に多く残そうという本能が働き、高齢になると一度に2つ以上排卵することが増えている可能性がある、という意味合いです。

2つ目は医学的な根拠はないようですが、高齢になるほど双子が生まれる確率が高くなるのは統計的に事実のようです。

 

 

【双子は不妊治療?】それだけじゃない!

不妊治療で排卵誘発剤を使用した場合、確かに二卵性の双子になる確率は増えます。

一方自然排卵での妊娠の場合でも、一卵性、二卵性、どちらの双子も産まれる可能性があります。

「可能性が高い、低い」はありますが、不妊治療していてもしていなくても、一卵性、二卵性、どちらの双子も産まれる可能性はあるわけで、第三者からみて不妊治療していたかどうかは絶対分からないのです。

 

なので、「不妊治療してたの?」などと軽い気持ちで聞いてくるかたには、妊活関係のことは話さず、流すのがいいかなと思っています。


私の場合は、同じようになかなか妊娠できないことを悩んでいる友達にだけ、応援の気持ちをこめて詳細を話すようにしています。

 

というか「不妊治療してたの?」と聞いてくる人ってその答えを聞いてどうしたいんですかね…悪気がないかたももちろんいるかとは思いますが、私は聞かれるたびにモヤモヤしていました。


不妊治療しているということは、それだけ子供が欲しいという気持ち、将来の子供への愛情、夫婦の信頼関係が強いということです。

いつの日か当たり前のように、そのような認識が広まり、不妊治療をする人が今より楽な気持ちで、前向きに取り組めるよう願っています^ ^

 

最後に、ここまで読んでくれたかたの妊活成功を願っています。