*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで暮らしのこと、コスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いてます♪

【GW最終日】「海の公園」で無料の潮干狩り!混雑状況や駐車場、あさりの取れ具合は?

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

2019年、令和の初めてのGWは10連休でしたね。

夫は4連休しかありませんでしたが、山中湖旅行や横浜イングリッシュガーデン、潮干狩りなどいろんなところに行くことができました。

 

横浜イングリッシュガーデンについてはこちら▼

 

今回は八景島「海の公園」の駐車場、GWの混雑状況、あさりの取れ具合についてご紹介していきます。

無料で潮干狩りが楽しめる人気スポットなので、ぜひ行ってみてください^^

 

 

【海の公園】アクセス

横浜横須賀道路 並木ICから国道357号線で約2.5km

または首都高速湾岸線 幸浦ICから国道357号線で約2.0km

 

電車

JR根岸線「新杉田駅」または京浜急行線「金沢八景駅」から、金沢シーサイドラインに乗り換え、「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」「八景島駅」で下車、徒歩2分

 

 

潮干狩りの期間

一般的には3月中旬から6月頃ですが、昼間に潮の引きの良い3月から9月中旬頃まで楽しむことができます。
干潮時刻の前後2時間くらいが潮干狩りに適しているようなので、こちらの干潮時刻表で確認してから行ってみてください。

 

我が家は干潮の3時間ほど前だったのですが、まだ海面が高い印象でした。

 

洗い場

7か所あり(園路から砂浜へ出る通路横)
※なぎさ広場には、温水シャワー・更衣室・ロッカー(有料)があります。

結構分かりやすいところにあり、1か所ごとに複数の蛇口があるのでそこまで混雑していませんでした。

 

 GW最終日にいざ潮干狩りに!

 では早速朝7時に出発です!

1時間ほどで「海の公園柴口駐車場」に到着しました。GW最終日はみなさん自宅でゆっくりしているのか、出だしがゆっくりめなのか、とにかく道路が空いていたので早めの出発がおすすめです。

 

駐車場はここがおすすめ!

たまたま目についた「海の公園柴口駐車場」にとめたのですが、ここだと浜辺が目の前ですし、すぐそばに洗い場もあるためおすすめです。

 

「海の公園柴口駐車場」の詳細
神奈川県横浜市金沢区海の公園10

営業時間 : 4:00-22:00
収容台数 : 1075台
料金 : 【最大料金】 普通車(全日) 12時間最大 ¥1,550 (12時間以降1時間毎 + ¥310) バス(全日) 当日最大 ¥3,090

【時間料金】 普通車全日 終日 ¥310 60分 バス全日 終日 ¥1,030 60分

 

この日の干潮時刻は11時ほど。3時間前だったからか半分以上は空いている状態でしたが。

もう少しゆっくり出発したいかたは、車で金沢八景駅まで行き、駅近くのコインパークに入れることをおすすめします。1日のお値段も1500円くらいと同じくらいです。


車を止めたらシーサイドラインに乗って、2つ目の「海の公園 南口駅」で降りれば海岸はすぐです。これなら朝早くでなきゃと焦ることはありませんね^^

 

私たちは8時から1時間半ほどの滞在だったので、620円の支払いでした。

潮干狩り自体は無料なので、コスパのいいレジャースポットですよ^^

 

カラスが多い!しかも低空飛行!

浜辺に来て一番の印象が、「カラスがたくさんいる!」ということ。しかも予想以上に低空飛行で、うっかりぶつかってきそうな勢い^^;

 

明らかにお弁当を狙っているので、食べ物は荷物の奥に隠し、お弁当はテントやサンシェードの中で食べることをおすすめします。

以前他の場所でカラスにお菓子をとられたことでかなりトラウマになっています>_<

 

 

貝小さい!少ない!!

砂浜にシートやテントを広げたら、バケツやくまでを持って海へゴー!

f:id:mix-twin:20190508213119j:plain

 

この日は意外と寒く、風も強いため半そでは確実に失敗でした^^;

水も冷たく、潮干狩り初めての双子ちゃんはテンション低め。

 

f:id:mix-twin:20190508213108j:plain
f:id:mix-twin:20190508213110j:plain

 

結局お兄ちゃんは砂山作り、妹ちゃんは監視役、ママとパパが30分ほど真剣に潮干狩り…ということに^^;

 

f:id:mix-twin:20190508213122j:plain

 

とれた貝はこんな感じ。

 

f:id:mix-twin:20190508213117j:plain

 

小さい!!少ない!!!

後ほどTwitterで確認すると、同じ日でも大きな貝がたくさんとれているかたもおり、時間なのか場所が悪かったのか…分かりませんがとにかく小さく少なかったのです。

 

ところで海の公園での潮干狩りには重要なルールがあります。

潮干狩りのルール ≪重要≫
幅15㎝を超える貝採り器具の使用はできません。
2㎝以下の稚貝の採取はできません。
一人が一度に採る貝の量は、2㎏以内です。

 

そう、「2㎝以下の稚貝」はとることを禁止されています。

明らかに2㎝以下だった貝はキャッチ&リリース、いた場所に返しておきました。

 

貝の持ち帰り方

ほんの数個2㎝以上のものは持って帰ってお味噌汁にしていただきました。

だしが出てて美味しいんですよね♪


貝の持ち帰りかたはとっても簡単です。


まず貝を海水で洗って砂を落とし、しっかり水をきります。海水につけて持って帰ってしまうと、1匹でも腐った貝がいると全部の貝が腐ってしまいます。

海水は砂抜きで必要になるので、ペットボトルなどで別々に持ち帰ってきます。

帰ったらすぐに砂抜き、塩抜きをしてくださいね^^

 

持ち物リストはこれ!

たった30分の潮干狩りではありましたが、持って行ったほうがいいだろうものをご紹介します。笑

 

あさりを掘る&入れるグッズ

バケツやクマデなど。子供用には砂場遊びするおもちゃがおすすめです。100均で売ってますよ♪

軍手があってもいいかもしれません。

 

あさりを持ち帰るグッズ

クーラーボックスや保冷剤、新聞紙、海水を持って帰るための大き目ペットボトルなど。

 

着替え類

子供の着替え一式、むしろ最初は水着でいいかもしれません。

それから寒くなった時のために薄での羽織物があると安心です。

 

簡易イス

 100均で売っているものでいいので、あると妹ちゃんのように海際で座っていることができますので便利でした。

 

テントやシート

必要なかたはお弁当

水分大量に

日焼け止めや帽子など日差し対策グッズ

 

【海の公園で無料の潮干狩り】まとめ

2歳の双子ちゃんの初潮干狩りにはまだ早かったようですが、GW最終日のいい思い出になりました^^

 

海の公園は広いので、お天気がよかったら潮干狩り後にお散歩するのも気持ちいいかもしれません。

駐車場代だけですむコスパのいい潮干狩りスポット、ぜひ行ってみてください。

 

公式サイトはこちら