*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【お昼寝】1歳で急に少なくなったけど、睡眠時間は足りてる?お昼寝卒業までのプロセス公開!

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

 2歳になってプレ幼稚園に入ってからは、お昼寝はほとんどせず、夜にまとめて寝ることができるようになりました。

 

ここまで来たらママもラクなのですが、1歳代はお昼寝をする日があったりなかったりで振り回され、なかなか予定がたてられない日々でした。

 

f:id:mix-twin:20180412214725j:image

 

今回はお昼寝含めた睡眠時間の記録をまとめてみました。

 

■なかなか寝てくれない子
■睡眠時間が短い、長い子
■最近睡眠リズムが崩れてきた子

など主に1歳児の睡眠に不安のあるママさんの参考になればと思います^ 

 

 

 

 

1歳児の平均睡眠時間は?

1歳児になると個人差が大きくなり、月齢によって前半と後半では違いがでますが、一般的には11〜14時間だと言われています。

 私の知る限りでは、最短で平均9時間のお子さん、最長で平均14時間のお子さんがいます。最短の9時間睡眠の子は、日中眠そうではなく元気なので、その睡眠時間がその子に合っているようでした。

 

一方最長14時間の子は、赤ちゃんの時からよく寝る子でした。…やっぱり個性なんでしょうね^^

 

【1歳前半】1日2回のお昼寝から1回へ

双子ちゃんの場合ですが、1歳前後は午前中1時間、午後2時間と2回のお昼寝をしていましたが、1歳過ぎから1日1回のお昼寝になりました。

 

5〜6時 起床
7時 朝食
9〜11時 地区センターで遊ぶ
11〜12時 お昼寝
12時 昼食
13〜15時 お庭か室内で遊ぶ
15時〜 お風呂
16時 夕食
〜17時すぎ また遊ぶ
18時 就寝

 

お風呂と夕食の順番が変わったりしますが、睡眠時間はトータル12〜13時間前後とれています。


保育園だと12時から2時間ほどお昼寝タイムがありますが、双子ちゃんはなぜか午前中に寝ていました。

 

午前中にお昼寝されると午後はノンストップなので大変でしたが、夜寝るのが早かったので、夜は自由時間をとることができました^^

パパは夜触れ合えないので少し寂しそうでしたが。笑

 

 

【1歳後半】お昼寝しない日が増えた

トータルの睡眠時間も大切ですが、やはり大人と同じように「生活リズム」、つまり何時に寝て、何時に起きるのかも重要ですよね。

 

■昼寝は15時までにしたほうがいい

■睡眠のゴールデンタイムは22時〜2時

■夜は10時間以上まとめて寝たほうがいい

 

というのはよく聞きますが、具体的にどんなスケジュールがいいのか?1後半の双子ちゃんをみて、理想的な1日のスケジュールを考えてみました。

 

1歳後半 理想のスケジュール

 

6時 起床

7時 朝食

9〜11時 遊びに行く

12時 昼食

13〜15時 お昼寝、起きたらおやつ

17時 夕食

19時 就寝

 

 

あくまで我が家の理想ではありますが、上記のスケジュールだと睡眠時間はトータル13時間になります。

でも理想通りにいかないのが育児ですよね。実際の1歳後半のスケジュールはこんな感じでした。

 

1歳後半 実際のスケジュール

 

6時 起床

7時 朝食

9〜11時 遊びに行く

12時 昼食

13時 お昼寝させようとするけど、グズグズして寝付かない

(16時〜17時 寝てしまう時も)

17時 夕食

20時 就寝

 

 トータルの睡眠時間は10〜11時間。特に短くも長くもないのですが、日中眠たそうで機嫌が悪いんですよね。

つまり双子ちゃんには、この睡眠時間では少し足りていなさそう。

一番困ったのが、 眠そうなのにお昼寝してくれないので、午後はなかなかお出かけが出来ないことでした。

 

 

1〜2歳でお昼寝卒業もあり!

我が家の双子ちゃんは、1歳になってからすぐにお昼寝が午前午後2回→午後1回と減っていきました。

 

減るタイミングの前後はやはり眠そうなので、とりあえず寝かしつけてみるのですが、大抵寝てくれずにこちらがイライラ。グズグズして夕方になり、夕食前に寝てしまう、という最悪なパターンになってしまいました^^;

 

生活リズムが崩れ、予想通りにいかないと私がイライラしてしまい、そんな自分にも不甲斐なさを感じる毎日でしたが、考え方を変えてみると少しラクになりました^ ^

 

子どもの成長にあったスケジュールが1番!

保育園に通っているお子さんは、お昼寝の時間がありますし、お迎えの時間などで自然と就寝時間は決まってくると思います。

 

一方、普段からお家で育児している家庭は、嫌がる子どもに無理にお昼寝をさせなくてもいいんじゃないかと思います。

「お昼寝卒業過渡期」の対策としては、出来るだけお昼寝に誘い、寝ないようだった切り替えて、いっそお昼寝は卒業して早めに就寝するのもいいかもしれません^ ^

 

お昼寝卒業のするときに注意すること

お昼寝卒業するときの注意点としては2点。

日中眠たそうなら調整が必要

お昼寝なしのスケジュールで日中眠そうであれば、それは睡眠時間が足りていないということです。

 

もっと夜の就寝時間を早めるか、お昼寝するにしても子どもが眠くなるまで待っていては遅くなってしまうので、ママがお昼寝の時間や環境を整えてあげたほうがいいですね^ ^

 

夕方に寝落ちさせない!

お昼寝はしなくても、ママがごはんを作っている間など夕方遅い時間に寝てしまっては就寝時間が遅くなってしまう悪循環になってしまいます。

 

私は 寝落ちさせないよう、眠くなってきたタイミングでお風呂にいれ、回復してから夕食をあげ、少し遊んでから寝かせるようにしていました。

 

1歳の睡眠時間まとめ

■平均睡眠時間は11〜14時間

■昼寝するなら15時までに 

■睡眠のゴールデンタイムは22時〜2時

■夜はできるだけ10時間以上の睡眠を確保

■お昼寝は卒業する際は、日中眠くないか?夕方に寝落ちさせないよう注意

 

 成長に合わせて、生活リズムも整えていけるといいですね^^