*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで暮らしのこと、コスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いてます♪

【早生まれの七五三】数え年・満年齢いつやる?満年齢をおすすめする理由とは?

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

女の子のお子さんが2歳になると、七五三をいつやろうか考え始めるかたも多いのではないでしょうか。

この間まで赤ちゃんだったのに、あっという間に幼児の顔になっているのでびっくりしますよね。

 

f:id:mix-twin:20190413160240j:plain

 

でもしっかりしてきたからと言って、長時間着物を着てお参りするのは大変です。しかも我が家のように早生まれだと、なおさらぐずらないか心配…そんな早生まれさんは満年齢で行うのがおすすめです。

 

■数え年と満年齢、どちらでやるのが基本?

■男女それぞれの七五三の時期

■早生まれさんは満年齢がおすすめな理由

 以上のことをまとめましたので、早生まれさんの参考になれば嬉しいです。

 

 

七五三とは?

七五三とは、子供が3歳・5歳・7歳になったときに無事に成長したことを祝い、健康を祈る行事です。

 
昔は乳幼児の死亡率が高かったので、子どもが無事に3歳を迎えることができたことを祝っていました。
これは当時の武家の風習でしたが、現在の七五三の祝い方は江戸時代中期から広まったといわれています。

 

お祝いの仕方は?

一般的には着物を着て神社でおはらいをしてもらい、家族で食事をするスタイルかと思います。あとはスタジオで記念写真を撮るかたも多いですね。

 

ただ神社で祝詞をあげるとなると時間がかかりますから、記念撮影だけにしてもいいかもしれませんね。千歳あめがあると写真映えしますよ。

食事も着物を着換えてからゆっくり楽しむのもいいかもしれませんね^^

 

 

男女で違う!七五三の時期

七五三をお祝いする日は11月15日ですが、なにも当日に参拝する必要はないので心配いりません。

神社や写真スタジオが混雑しますし、子どもの体調のこともありますので、9月〜12月初旬くらいを目安に行われているようなイメージです。

スタジオ撮影は5~8月に前撮りすることでお安くなったり、秋に着物をお安くレンタルすることができたりします。

おすすめスタジオはこちら▼

www.mixtwins.work

 

 

七五三を行う年については、男女で異なる地域があります。

■男の子は3歳と5歳(関東など、地域によっては5歳の1回のみ)

■女の子は3歳と7歳

  昔からの風習としては数え年で男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いしますが、関東の私の周囲は満年齢で男の子は5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いしているかたが多いです。

 

 

それぞれの年齢でのお祝いはこんな意味があるので、知っておくと感慨深いです。

・髪置き(かみおき)…3歳の男の子と女の子が、髪を伸ばし始める。
・袴着(はかまぎ)…5歳の男の子が、初めて男の衣装である袴を着る。
・帯解き(おびとき)…7歳の女の子が、初めて着物帯を装い始める。

 

数え年・満年齢どちらでやる?

前述したように かつて日本では一般的に数え年で行うものでしたが、現在では満年齢で行う家庭も多くなってきました。

 

数え年:誕生した年を1歳とし、元旦が来ると1歳プラスする
満年齢:誕生した年を0歳とし、誕生日が来ると1歳プラスする

 

 3歳の七五三の場合、数え年だと2歳代後半、満年齢だと3歳代後半になります。

 どちらでお祝いするかはご家庭によりますが、2歳のほうがあどけない表情がかわいかったりしますし、3歳ならきちんとコミュニケーションがとれるようになって着物での行動もしやすいはずです^^

 

早生まれの七五三はいつやる?満年齢のおすすめ理由

「早生まれ」とは、1月1日から4月1日生まれのことです。

同じ年に生まれても1月1日から4月1日生まれの子どもは1学年上になるため、他の子と誕生日が1年近く違うこともあり、成長や発達の差が大きく感じてしまうことがあります。大きくなったら差は感じなくなるんですけどね^^;

 

そんな早生まれさんの女の子、特に3歳の七五三は「満年齢」でおこなうことをおすすめします。

 

具体的にあげていきます。

「数え年の3歳」で七五三をした場合

早生まれの子だと満年齢が2歳8〜10カ月頃になり、ちょうどイヤイヤ期で着物を嫌がる可能性もあります。また、トイトレがまだ完了していない時期でもあるので荷物も多くなるかもしれません。

 

「満年齢の3歳」で七五三をした場合

早生まれさんは3歳8〜10カ月頃になり、おそらくトイトレが完了していますし、イヤイヤ期も落ち着いていることかと思います。

 

 【早生まれの七五三】まとめ

 早生まれさんの特に3歳でのお祝いは満年齢をおすすめしましたが、パパの実家やママの実家の考え方や、家族の体調や事情、天候や気温によってお祝いする時期、日にちは柔軟に変えていっていいかと思います。

実際私自身の実家では弟や妹にあわせて、例えば上の子は満年齢、下の子は数え年というように一緒にお祝いした年もありました。

 

双子ちゃんはどうせなので3歳・5歳・7歳どれも2人ともおめかしして(着物だけではなくスーツやドレスでもいいかも)、お参りとスタジオ撮影したいなと思っています。

 

一番大切なのは「子供の成長を祝うこと」という気持ちを大事に、思い出に残る七五三にしたいですね^^

 

 

www.mixtwins.work