*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

「口内炎が痛い!」ときに子供が食べやすかった食事って?気を付けたいポイントや摂りたい栄養素をご紹介!

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

2歳の夏の始まりに、お兄ちゃんが手足口病にかかりました。(私まで感染)

急な発熱から始まり、のどを痛がり、手足にぶつぶつがあらわれる…っといった典型的な症状。

特にのどの奥と舌にできた口内炎をとても痛がり、1週間ほどきちんと食事がとれなかったのが辛そうでした。

 

f:id:mix-twin:20190426203653j:plain

手足口病以外にも口内炎ができるときはあると思いますが、そんなときの食事について以下のポイントをまとめてみました。

 

■口内炎でも食べやすそうだった食事や市販品は?

■気を付けるポイントは?

■どんな栄養素が口内炎にいいの?

 

口内炎で辛そうなお子さんが、少しでもラクになれるように願っています^^

 

 

口内炎ができたときの食事の基本

「食べられるものを食べられるだけ」

大人もそうですが、口内炎があるときって食事の量が減りますよね。

その間は栄養不足が心配ではありますが、無理に食べさせるよりも「食べられるものを食べられるだけ」という感覚でいいかと思います。

 

口内炎は一般的に1週間前後で改善するものなので、痛みがひどい数日間はあまり栄養素などは気にしないでケアしてあげることをおすすめします。

 

水分補給はしっかり

食事はあまり深刻にならなくても大丈夫なのですが、水分だけはきちんととる必要があります。

特に手足口病が流行る夏はそれでなくても脱水症状がおきやすいですしね。

 

オレンジやりんごなど酸味の強いジュースを避けて、 お茶や水、市販のイオン飲料などをこまめにちょこちょこあげてください。

また、食事のときもスープを多めに出してあげると水分補給しやすいです。

 

双子ちゃんはここの麦茶やアクアライトが飲みやすいようでした。

 

 

 

 

 スープはこれがなめらかで甘味があり飲みやすかったようです。

 

 

 ちなみに水分がとれなくてぐったりと元気がないようなら、点滴が必要になることもあるので、早めに病院を受診してくださいね。

 

 

 口内炎に負けない!痛みが少ない子供の食事ポイント4つ

 では具体的にどんなことに気を付けて食事を用意してあげればいいのか、ポイントを4つ考えてみました。

 

1.十分冷ましてから常温で!

おかゆやうどんなどを用意しても、とにかく少しでも熱いと怒って泣いていました。

というか少しあったかいくらいでも痛いようだったので、私は完全に冷えてからあげていました。

 

ただ冷たすぎても刺激があるようだったので、スープや飲み物は常温であげていました。

 

2.味を薄めに!

しょうゆや塩などの塩分は口内炎を刺激してしまいます。

いつも以上に味付けは薄めを心がけ、みそ味やクリーム系の味付けが食べやすそうでした。

 

 3.できるだけ柔らかく細かく!

食べ物が口の中にいる時間が長いと刺激になってしまうので、できるだけ早く飲み込める状態にしてあげたほうが食べやすそうでした。

 

例えばこういった工夫がいいかと思います。

■麺類は長めにゆでて、いつも以上に短く切ってあげる

■ごはんは水多めに炊く

■できれば雑炊やおかゆ、リゾットがベスト

■スープは少しとろみをつけて飲み込みやすく

茶碗蒸しやプリン、ゼリー、ヨーグルト、アイスなどあまり噛まなくても飲み込めるものにする

■野菜はくたくたに煮込むか、すりつぶしたりして離乳食のようにする

 

プッチンプリンは食べやすい!

 

 

 こんなチューブ型もおすすめ!

 

 「やさいジュレ」は栄養面でも体によさそう♪

 

 

 

4.水分はストローで!

コップのみだとのどの奥の口内炎がしみるようだったので、基本的にストローであげていました。

上記の野菜ジュレも飲みやすい形状だったようです。

 

口内炎を早く治すために摂りたい栄養素

 食べられるものを食べつつ、できるだけ早く治すために摂りたい栄養素「ビタミンとミネラル」のご紹介です。

大人ではサプリでの摂取もいいですが、子どもには食事で積極的に食べさせてあげたいですね。

 

一番大切なビタミンB群

口内炎の際に特に大切とされる栄養素は、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群です。

ビタミンB1は豚肉やレバー、納豆など大豆製品など

ビタミンB2はうなぎや卵、牛乳、チーズ、干ししいたけなど

ビタミンB6はかつお、まぐろ、さば、鮭などの魚や鶏のささみ、バナナなど

 

上記のものにそれぞれ多く含まれているので、双子ちゃんには牛乳リゾットや卵雑炊、バナナプリンや鮭フレークおにぎりなどをよく作ってあげていました。


ビタミンA豊富な緑黄色野菜

口内炎にはビタミンAの摂取も大切で、ホウレン草やにんじん、モロヘイヤ、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

私はかぼちゃで茶巾を作ったり、ホウレン草をシチューにいれこんだり、にんじんをすってパンにいれこんでいました。

 

成長の助けにもなる亜鉛

亜鉛不足で口内炎ができてしまうこともありますし、成長期にも欠かせない栄養素である亜鉛も積極的に摂りたいです。

 

一般的に亜鉛は生ガキに多く含まれているといわれていますが、子供、しかも口内炎で痛いときには食べさせられませんよね。

 

でも量は少なくなりますが、牛肉や豚肉、魚介類、チーズなどにも含まれてはいるので安心してください。

私はチーズを多めにとれるよう、チーズリゾットをよく作っていました。

 

口内炎で痛くても!注意したい生活面でのポイント

歯磨きはしっかりきっちり!

口内炎で痛いと、歯磨きの抵抗が半端ないです^^;

でも口内炎を早く治すには口の中を清潔に保つことは重要です。

歯磨き以外にもこまめに水でうがいしたり、食後によく水分をとらせることも心がけていました。

 

それから歯磨き粉は刺激の少ない甘いものがおすすめです。

我が家は普段から、うがいのいらないこちらを使っています。

 

 

 

ぶどう味は甘くて刺激も少なくおすすめですよ♪


睡眠は長すぎるくらいがちょうどいい!

口内炎が痛いと夜やお昼寝中もよく起きて泣いていました。

食事が満足にとれないと体力もなくなりますし、痛くて泣くのも体力を使いますので、睡眠時間は長すぎるくらいとってあげることをおすすめします。

 

口内炎の間はリフレッシュ期間と思ってゆったりと過ごそう!

口内炎で苦しむお兄ちゃんは常に機嫌が悪くいうことをきいてくれません。

それに比例して私のイライラも積み重なっていくのを感じました。

 

口内炎のない妹ちゃんにはきちんと食事をとってほしかったのですが、お兄ちゃんが横でアイス食べてたら欲しくなりますしね^^;  

 

なので親子、兄弟含めて、口内炎がひどい数日間はアイスやプリン、ゼリーをいつもよりたくさん食べてもOK!

ぐずっててもテレビ見ててもOK!

とゆったり構えて、ダラダラ過ごしてもいいかと思います。

 

f:id:mix-twin:20190610110244j:plain

 

家族みんなで口内炎の辛さを励ましてあげれば、辛い気持ちも和らぐかもしれません^ ^

 

 こちらもあわせてどうぞ▼

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work