*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【子供が腕を痛がって動かせない!】それは肘が抜けた状態である「肘内障」かも。原因や症状、治療法は?

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳?男女の双子を育児中のまりーです。

 

現在2歳半になった双子ちゃんですが、これまでに健康面で心配なことはたくさんありました。

例えば頭にたんこぶを作ったり、

www.mixtwins.work

 

ホクナリンテープで副作用がおこったり、

www.mixtwins.work

 

白目の中の黒いしみが気になったり、

www.mixtwins.work

 

 足の形が気になってレントゲンを撮ったり…

www.mixtwins.work

 

いろいろありましたが、今回は妹ちゃんが突然腕を痛がり、整形外科でレントゲンを撮った結果「肘内障(ちゅうないしょう)」と診断された話です。

 

■肘内障とはなんなのか?

■肘内障になった原因

■治し方

■予防法

 などをまとめました。

肘内障は未就学児に多い怪我らしいので、小さいお子さんがいる方の参考になればうれしいです^^

 

 

妹ちゃんが「肘内障」になった経緯

その日は午前中に遊び疲れて、ソファでテレビを見ながらくつろいでいる夕方頃でした。

妹ちゃんがソファから降りようとした瞬間、左腕を背中側に大きく巻き込んだまま体勢を崩しました。ソファから落ちたわけではなく、ちょっと腕をひねったくらいかなと思いました。

 

ですが泣き方が異常で、その後10分以上泣き続けます。

さらには指は動くようですが、腕はだらりとしたまま動かすことができません。

妹ちゃんはまだ完璧なやりとりはできませんが、以下のようなことを繰り返すのですぐに整形外科に行くことにしました。

 

「てって痛い」「動かせない」

「まだ痛い」

「先生にみてもらう」

 

ちなみに怪我で何科に行けばいいのか、家の近くにある病院はどこなのか、そこらへんは下の記事を参考に予習しておくといざというとき便利ですよ^^

www.mixtwins.work

 

待合室でも、レントゲンをとる間もずっとひきつったように泣いていたのが印象的でした。

あとで聞いたところ、肘内障は腕を動かさなければそこまで痛みはないようですが、2歳にしてみたら腕が動かない恐怖もあって泣いていたのかなと思います。

 

レントゲンには異常がなく、触診から「肘内障」と診断され、30秒ほどで先生が治してくれました。

その1分後くらいには「もう痛くない」と笑顔が見え始め、5分後には元気にバンザイができるほどまで回復しました。

今回は処置も回復もとても早かったですが、もし私の判断が遅れて病院がしまってしまっていたら大事になっていただろうな…と怖い気持ちになりました。

やっぱり不安だったら病院に行ってみるほうがいいいですね。

 

「肘内障(ちゅうないしょう)」ってなに?

妹ちゃんが診断されて肘内障ですが、これは「肘の関節をつなぐじん帯がずれてしまっている」状態のことをいいます。

指は動かせますが、腕が動かせない、バンザイができない状態になるので「肘が抜けた」ともいわれることがあります。

 

じん帯の成長が未熟な未就学児になりやすい怪我で、大人での症例は少なくないのが特徴的です。

 

肘内障になる原因は?

肘内障になる原因は特別な動作ではなく、普段の生活上にあるのが怖いところです。

例えば以下の動作が原因となることが多いです。

 

■抱っこしようとして、立ち上がらせようとして腕を引っ張る

■大人2人の間で手をつなぎ、ブランコのようにブラブラする

■寝相が悪くて背中に手をまわして負荷をかけてしまう

■鉄棒やジャングルジムにぶら下がる

■寝返りを打つ

■(今回の妹ちゃんのように)不自然な角度で腕に体重をかける

 

逆にこれらに気を付ければ予防にもなりますが、そんな制限はできないので実際は気を付けて見守るくらいしかできないですよね^^;

 

肘内障の症状は?

肘内障はひじを動かすときに激痛があります。

腕を伸ばしたまま下げ、動かさなくなるのが特徴的で、肘を曲げられないのはもちろん、腕を上げることもできなくなります。

肘の周りのほかに、肩や手首などに痛みを感じる場合もあります。

小さいお子さんだと正確な痛みの箇所を伝えるのは難しそうですね。

 

肘内障の治療法は?

肘内障の治療はその場で30秒もあれば終わります。

特別な器具などは必要なく、腕を正しく支えて曲げることではずれかかったじん帯を正常な位置に戻します。

ただその前に骨折の可能性を考えてレントゲンをとることも多いようです。

 

じん帯が正しい位置に戻れば数分でバンザイができるようになるので、治療が成功したかどうかはすぐに分かるので、その点は安心です。

 

ただじん帯が戻らない限りは腕を動かすことができないので、夜間でも休日でも早めに整形外科の先生がいる病院に連れていくことが望ましいとのことでした。

 

「子供が腕を痛がって動かせない!」ときに大切なこと

今回妹ちゃんが肘内障になってしまって感じたことは、「とにかく早く適切な病院に連れていく」「きっかけとなった状況を詳しく伝えられるようにする」というのが大切だなと感じました。

 

例えば焦って整形外科ではなく小児科に連れて行っていたら、肘内障の治療になれてなくて失敗した…という例もあるようです。

いつまでも様子をみていたら、救急病院に行かなければいけなくなったかもしれません。

 

また、今回は私の目の前で腕をひねってしまいましたが、もし見ていなかったら先生もすぐに「肘内障」と判断できなかったかもしれません。

ただ、肘内障は痛みがあっても腫れや赤みはでないので、骨折なのか不安な時は腫れや赤みがないかよく見てみてください。


再発に注意して、見守ろう!

f:id:mix-twin:20190807232807j:image

肘内障は一度なってしまうと、再発しやすくなってしまうのだそうです。

 

出来るだけ気をつけていきますが…突発的な行動が多いお年頃なので心配です^^;

今まで以上に見守ろうと思います。

 

もしお子さんが腕をダラリとして痛がっていたら肘内障を疑い、整形外科に連れて行ってあげてくださいね^ ^

 

 こちらもあわせてどうぞ▼

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work


www.mixtwins.work



www.mixtwins.work