*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【ママ友問題】敬語からタメ口に変えたい!自然に移行するために実践している4つのステップをご紹介!

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

「ママ友」とのお付き合いはうまくいっていますか?

 

私は児童館やプレ幼稚園でたくさんのママさんと顔見知りにはなりましたが、まだ「仲良し」といえるまで踏み込んだお付き合いをしているママさんはいません

正直、その現状に寂しさを感じています。

もっと仲良くなりたい!大人と話したい!と思っているのです。

 

ちなみに私の思う「仲良し」っていうのは、こんな関係です。

■会う前に緊張しない

■個人的な連絡先を知っている

■「〇〇ちゃんのママ」ではなく、ママの名前で呼び合える

■敬語ではなくタメ口

■子供抜きの話ができる

■事前に約束して遊びに行ける

 

大多数とこうなりたいわけでなく、気が合うママさんとこうなれたらいいなぁと思っています。

思っているのですが…いまいち踏み込めない

その原因の一つに、「敬語からタメ口にするきっかけがわからない」ということに気づきました。

 

もちろん敬語を崩したくない!というかたへ強制するつもりはありません。

ただ個人的には「タメ口で話したいのにきっかけをつかめない…」というママ友さんが多くいるので、今回は敬語からタメ口に移行するきっかけや方法について考えてみました。

 

実践することで、仲良しのママ友さんができたら追記しますね^^

 

 

ママ友とは敬語?タメ口?3タイプとの付き合い方

ママさんとは敬語にするかタメ口にするか、迷うかたも少なくないかと思います。

個人的には「初対面はまず敬語」という考えですが、なかにはそうでないママさんもいました。(いい意味で)

 

今回は大きく3タイプに分けましたが、仲良くなりたいママさんがいたら、そのママさんがどんな考えを持っているのかを判断して対応を考えてみてください^^

 

1.礼儀正しい!ずっと敬語を崩さない

私のように「タメ口にしたいけどきっかけがつかめない…」という人は除いて、ある一定の距離感を保ちたいだろうママさんもいます。

下のように思っているママさんもいるかもしれません。

 

■子供をとおした「ママ友」だと割り切った関係でいたい

■年上だろう相手に「タメ口」が苦手

■コミュニケーションが苦手

■相手に「馴れ馴れしい」と思われたくない

■(相手に対して)あまり関係を深めたくない

 

私の周囲を見ている感じ、礼儀正しくまじめなママさんは誰に対しても敬語でお話される傾向があります。

そういうかたって敬語でも堅苦しくなく壁も感じないので、たとえ輪の中でそのママさんだけ敬語でも自然に溶け込んでいます。

 

「敬語で話されると仲良くなりたくないのかな」と感じるかたもいるようなので、そこらへんは態度や表情でフォローも必要かもしれないですね。

 

2.フレンドリー!最初からタメ口

初対面からタメ口のママさんも一定数います。

私は「話やすいな」「嬉しいな」と感じるのですが、「馴れ馴れしいな」「失礼だな」と感じるママさんもいます。

 

ただ、私の周囲のこのタイプのママさんは少し天然気味でかわいらしいかたが多いので、つられてこちらも自然にタメ口に移行することができる、個人的には嬉しいタイプです。

 

3.柔軟に対応!敬語からタメ口

大多数はこの敬語からタメ口に変わっていくタイプかと思います。

ただ敬語からタメ口に移行する時期は、数回会ってからだったり、仲良くなってからだったりと差はあります。

 

まずは敬語にすることによって「馴れ馴れしい」と印象は与えませんし、敬語を崩すことで関係を深めるきっかけも作ることができるので、私はこのタイプを目指していきたいなと思っています。

 

自然に敬語からタメ口へ!4つのステップ

では本題の「どうやって敬語からタメ口に移行すればいいのか?」

「敬語やめよっか」などと言えたら簡単なのですが、なかなか言い出しづらいのは私だけでしょうか^^;

まだ実践途中ではありますが、4つのステップを考えてみました。

 

1.相手のママ友さんからのタメ口に便乗

上記の「最初からタメ口」タイプのママさんだったらラッキーです!

そのままの流れでこちらもタメ口で返すことができます。

これは私でもスムーズに出来ました!

 

ここでためらうとズルズル次のきっかけがつかめなくなってしまうので、ためらわずにスパッと変えるのがポイントです。

 

2.相槌をタメ口にしてみる

お互いがまだ敬語の場合は、相槌を砕けてみます。

「そうなんだ~!」

「うんうん」

「わかる~!」

「へ~!」

「びっくりだね!」

「確かに!」

「すごいね!」

「それおもしろいね!」

 などなど、会話の流れにのってちょくちょくタメ口を挟んでいきます。

これはとても簡単で違和感もない(はず)です。笑

 

3.ちょこちょこ文末をタメ口にしてみる

相槌がうまくいったら、次は文末をタメ口にしてみます。

例えばこんな感じ。

 

「こんにちは~!久しぶりだね!夏休みはどっか行きました?」

 

「そうなんだ!じょあ私も行ってみようかな。混んでました?」

 

「昨日すごい雨でしたね。びしょびしょになっちゃった!大丈夫でした?」

 

敬語→タメ口→敬語のように、始まりと終わりを敬語でしめとけば不快感はないかな、と思っています。

こうすると、同じようにタメ口をはさんでくれるママさんも多いです。

 

4.敬語から卒業

敬語の比率をさげていって…自然に敬語から卒業!ができればいいのですが、今私はこのステップに踏み出せないでいます。

 

というのも、まだ連続して毎日合うようなママさんはいなくて、数週間おいて会うというパターンが多いのです。

そうするとまた少し距離があいてからの会話になってしまうので、なかなか難しかったりします。

コミュニケーションが上手な人はこんなこと考えなくても自然にできるんだろうなぁ^^;

 

【特別編】ママの名前を聞く

少し口調を崩しても嫌そうな反応がなければ、ママの名前を聞くのも効果的です。

「〇〇ちゃんのママ」と呼ばれるよりも名前で呼ばれたほうが親しみやすくなりますし、「〇〇ちゃん」と呼ぶタイミングで敬語卒業もしやすいのでおすすめですよ^^

 

 

ママ友とはお互いの気持ちに寄り添って、ちょうどいい距離感を作りたい!

f:id:mix-twin:20190910220356j:plain

 

今回はママ友との敬語問題でしたが、これは私の場合ネットでもいえることなのです。

実は何回もコメントしあっているかたのブログコメントでも、「もっと打ち解けたいな。敬語やめたいけど、急に変えたら失礼かな…ところどころタメ口で打ってみようかな」などと考えてしまっています^^;

 

ママとも関係でもブログでも、相手のかたの気持ちに寄り添って、お互いちょうどいい距離感を作っていけたらいいなと思っています^^

その中で仲良しのママ友ができたら嬉しいですよね。がんばるぞ~!!

 

▼こちらもあわせてどうぞ♪

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.wo