*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【ウィザースホームweb内覧会】階段下トイレって狭いの?収納はどうする?2年間使ってみた感想

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

 こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

我が家がウィザースホームで注文住宅を建ててから、もう2年ちょっとがたちます。

住んでから2年、双子ちゃんによってフローリングの傷は日に日に増えていきますが、愛着も大きくなってきました。

 

そんな愛着のある我が家ですが、設計段階ではとても悩みました。

今回は「階段下トイレってどうなの?」という体験談を書いていますが、他にも悩んだ点についてこれから書いていこうと思っています。

 

同じように注文住宅の設計に悩んでいる方の、ご参考やヒントになれば嬉しいです^^

 

 ▼まずは坪単価や設備をどうぞ!

www.mixtwins.work

 

 

 

【階段下スペースの使い方】収納は使いづらいの!?

 間取り作成の際に強く思うのが、無駄な空間はなくしたいということではないでしょうか?

特に階段下はデッドスペースになりがちですよね。

 ウィザースで担当してくれた設計士さんによると、階段下はトイレや収納として活用する方が多いようです。

 

我が家ははじめ収納として使う予定でした。

が、階段下の収納は奥行きが深くなってしまうため、奥にいれたものを取り出しづらく、使いづらいことに気づきました。

 

そして間取りを再度考案し、最終的に階段下トイレを採用することになりました。

 ただ「階段下トイレってなんだか天井が低く圧迫感があって、暗くて、収納場所もとれないのでは?」という懸念がありました。

 

そんなイメージで階段下トイレを悩んでいる方へ、2年使ってみた感想を記載しておきます^^

 

【ウィザースホームweb内覧会】階段下トイレ

 では、画像付きで我が家の階段下トイレをご紹介します!

 

 正面がトイレ。

f:id:mix-twin:20190116162036j:image

 右側の引き戸をあけるとリビング。左側が階段。

 

廊下としてはかなり狭く短いスペースになったので、リビングへの扉は引き戸にしてごちゃごちゃしないようにしてあります。

 

建具(扉や枠)は基本的に白で統一しました。

フローリングも薄い色にして広く見えるように意識していますが、このリビングへの引き戸と和室の扉だけはオプションで茶色に変更してもらっています。

 

扉を開けるとこんな感じ。
f:id:mix-twin:20190116162023j:image

 天井が階段になっているのがわかりますね。

我が家は1階部分がハイスタッドになっており、一般的な天井より20㎝高くなっていることもあり、天井の低さは全く気になりません。

 

が、一つ気になったのは照明を天井につけられないこと。

でこぼこですもんね。

なので我が家は正面からみて右奥に照明をつけています。

 

こんなの。

f:id:mix-twin:20190117220509j:image

普段使用する分には全く問題ない明るさではありますが、やはり天井に照明がある2階トイレと比較すると暗さは避けられないかな、といったところ。

 

収納は便器に座った正面に半埋め込み型収納を採用しています。
f:id:mix-twin:20190116162110j:image

 ウィザースホーム独自で開発している「MONOプレイス」

 

トイレットペーパーが14個、生理用品、掃除道具がラクラクはいるサイズです。

 半分埋め込まれているのですっきり♪
f:id:mix-twin:20190116162124j:image

 壁紙は便器に座った状態で正面は木目調、その他は淡い花柄を選びました。

暗めの階段下トイレには、明るめの薄い色を選ぶのがおすすめです。

  

便器側はこちら。
f:id:mix-twin:20190116162133j:image

便器は標準のリクシル。タンクありです。

奥のほうは天井が低くなっているため、奥の小物置き場の奥行きを多めにとってもらって、便器の位置を調整しています。

ここにも結構物が置けるので便利です♪

 
f:id:mix-twin:20190116162050j:image

タオル掛けとトイレットペーパーホルダーは施主支給(標準品ではなく、自分たちで購入して取り付けてもらう)にしました。

 標準品はプラスチック製だったので、高級感が出たかな♪と満足しています。

 

【注意!】 階段下トイレに向かない家庭

 こんな感じで我が家は2年階段下トイレを使用していますが、特に不便や不満はなく満足しています。

ですがなかには階段下トイレに向かない家庭もあるので、以下を参考に家を建てた後の生活をイメージしながら設計していくことをおすすめします。

 

背の高い家系

180㎝をこえるような 背が高い家系ですと、やはり天井の高さに圧迫感があると思います。

そんな場合でも我が家のように1階がハイスタッドにするならそこも問題ないかと思います。

 

家がとても広い

 家がとても広くて間取りに余裕のある家庭ですと、「なんでわざわざ階段下トイレ?」という違和感が出てくるかと思います。

家はバランスも大切ですね。

ちなみに我が家は33坪ほどです。

 

来客が多い

 来客が多いと頻繁にお手洗いを使うことになります。

人の目もありますし、気になる方は避けておいたほうがよさそうです。

 

ゆとりのあるトイレが希望

 階段下トイレは天井が低くなることはもちろん、幅も設計上ゆとりのある間取りにはできないはずです。

なのでトイレの中に手洗い場も設置したかったり、バリアフリーにしたい場合も避けておいたほうがいいです。

 

「階段下トイレ」も工夫すれば大満足!

 

階段下トイレを広く明るく見せ、収納を増やすために我が家が工夫したことをまとめておきます。

■うすい色の壁紙

■うすい色のマット

■できれば1階をハイスタッド

■収納は埋め込み型と、奥に小物置き場

 

素敵な雑誌にのっている家を参考にするのもワクワクしますが、予算や条件などですべてを希望通りにするのは難しいこともあります。

そんなときは優先順位をつけて、できる工夫をすることで満足いく家作りを目指してみてください^^

 

▼こちらも合わせてどうぞ♪

www.mixtwins.work

 

www.mixtwins.work