*双子ママのきもち*

2歳*男女の双子ママ*育児メインで妊活やコスメ、薬剤師の仕事など気の向くままに書いています♪初めてのかたは「おすすめ記事」からどうぞ

【酸化マグネシウム】便秘に悩むかたへ!薬剤師が飲み方のコツや効果的な飲み方を解説

にほんブログ村 子育てブログ 双子
にほんブログ村

こんにちは!2歳*男女の双子を育児中のまりーです^^

 

私は成人してから常に便秘体質で、「水分をよくとる」「食物繊維が多い食品をとる」「お腹をひねるマッサージをする」などの対策ではなかなかすっきりせずに薬に頼ってしまうことが多いです。

もう10年以上いろんな薬を飲んで、一時期依存していたこともあります^^;

 

便秘の薬といえば大まかに2種類あり、「腸を刺激するタイプ」「便を柔らかくして出しやすくするタイプ」つまり強いか弱いかで分けられます。

ちなみにどちらも市販で購入できるので、飲んだことがあるかたも多いかと思います。

 

今日は便秘薬の中でも「便を柔らかくするタイプ」(弱め)で代表的な市販薬「酸化マグネシウム錠」のお話です。

f:id:mix-twin:20191024125619j:plain

 

一般的な錠剤と異なり口の中で変に崩壊しやすいので、吐き気を催さない飲み方のコツや、便秘解消の効果を引き出す飲み方をご紹介します。

 

■便秘が気になるけど、薬は怖い気がする

■「酸化マグネシウム」が飲みにくくて苦手

■酸化マグネシウムを飲んでもあまり効果を感じない

 といったかたのご参考になれば嬉しいです。

便が柔らかくなるメカニズムを理解することで、より効果を引き出すことができるはずです^^

 

 

便秘初心者におすすめ!「酸化マグネシウム錠」

便秘が気になり始めたかたにおすすめしたいのが「酸化マグネシウム錠」です。

 

こちらは90錠入りですが、慣れてきたら360錠入りのほうがお得です。

 

お腹が痛くなりにくい

「酸化マグネシウム」は腸を刺激するのではなく便を柔らかくするだけなので、お腹が痛くなりにくいのが最大の特徴です。

腸を刺激するタイプの市販薬ですと「コーラック」が有名ですが、コーラックを初めて飲んだ時はあまりの痛みに冷や汗でびっしょりでした。

まぁ結局慣れて痛みを感じなくなり、次第に効きも悪くなってしまったのですが^^;

 

くせになりにくい

腸を刺激するタイプのコーラックは以前は1錠で効いていたのが、次第に効果が感じられなくなり2錠、3錠…、1週間おき、数日おき、毎日…とクセになってしまいます。

薬を飲まないと便がでない身体になったときは怖くなりました。

 

一方酸化マグネシウムは、そういった依存傾向になりにくいのです。

病院ではお年寄りや子供にも処方される成分(量は違えど)なので、その点も安心ですね。

ただあくまで薬なので飲みすぎには注意です!

 

症状にあわせて量を調整できる

基本的な飲み方は、次の量を就寝前(又は空腹時)に水又はぬるま湯で飲みます。

(年齢・・・1回量/1日服用回数)
大人(15歳以上)・・・3~6錠/1回
11歳以上15歳未満・・・2~4錠/1回
7歳以上11歳未満・・・2~3錠/1回
5歳以上7歳未満・・・1~2錠/1回

 

病院ではもっと小さな子供にも処方されますが、市販薬なので5歳から飲むことができます。

口の中で溶けるタイプなので、うまく飲み込めない子でも安心です。

 

症状にあわせて量が調整できるので、まずは少なめから試してみるのがおすすめ。

私はかなりひどい便秘なので、1週間に1回、1回6錠で飲んでいます。(これでもマシになったほう)

 

ちなみに6錠には酸化マグネシウムが2000mg含まれており、病院で成人に処方される一般的な量になります。

 

口の中で溶ける、レモン風味のタブレット

f:id:mix-twin:20191024125621j:plain

見た目からしてラムネっぽいのですが、実際口の中でラムネのように溶けます。

ただ口の中に残ってしまうと効果が小さくなってしまうので、かならず水で流し込む必要があります。

 

ただ私はなんだか口の中が気持ち悪くて吐きそうになるため、同じようにラムネが苦手なかたは以下の飲み方のコツをご覧ください。

 

ラムネが苦手でも飲める!飲み方のコツ

酸化マグネシウム錠は、口の中にいれるとすぐに溶け始めます。

ラムネが苦手なかたはこの溶けた感じが吐き気の原因になっていると思うので、コツとしてはとにかく溶けた錠剤が口内に触れないように工夫すれば大丈夫です!

 

具体的にはこんなイメージです。

①まず口の中に多めの水をためておき、

②一気にたくさんいれずに、2錠前後ずつほうりこむ

③できるだけ早く飲み込む

 それでも私はやっぱり苦手です^^;

でも便秘の苦しさを思えばしょうがないですね。

 

酸化マグネシウムの効果的な飲み方

先ほどまずは少なめから試して増やしていくとありましたが、錠数を増やす前に効果的な飲み方ができているか確認してみてください。

 

多めの水で飲む

酸化マグネシウムは「腸に水分を集めて便を柔らかくする」ので、そもそも体内に水分がないと効果がでにくくなってしまいます。

 

また、先ほどもあったように口の中に薬の一部が残ってしまうこともあるので、200mlほどの多めの水で飲んでください。

薬を飲むときだけでなく、日ごろからこまめに水分をとれば便秘予防にもなりますしね。

 

寝る直前の空腹時に飲む

なんで空腹時なの?

大抵の薬は「食後」が多いのですが、酸化マグネシウムは逆で「空腹時」なんですね。

空腹時というのは、食後2~3時間たっていることをいいます。

 

空腹時が適している理由は、酸化マグネシウムは「胃酸によって便秘に効果的な成分に変化するため」です。

食後で胃に食べ物がはいっていると、余分な胃酸がなく酸化マグネシウムは効果的な成分に変化することができずに、そのまま排出されてしまいます。

 

一方空腹時ですと、十分な胃酸が酸化マグネシウムの変化に使えるため、結果便秘の効果も高くなるのです。

 

なんで就寝前なの?いつ効果がでるの?

「空腹時なら朝起きた直後でもいいの?」というかたもいますが(薬局で勤めていたときに聞かれたんですよね)、「絶対だめではないですが基本的には就寝前のほうが効果がでやすい」とお答えしています。

 

便はそもそも朝にでやすいようになっています。

寝ている間に働く神経の作用でお腹が働き便をつくり、朝食という刺激で便が出ます。

なので寝ている間に酸化マグネシウムにも働いてもらって、柔らかい便を作ってもらったほうが効率がいいのです。

つまり朝食をきちんととることも必要です!

 

ちなみに酸化マグネシウムを飲んでから効果がでる時間は個人差がありますが、私の場合は就寝前に飲んで、翌日は便意はなく、翌々日に出ることが多いです。

 

「酸化マグネシウム」のポイント

便秘初心者のかたにおすすめな「酸化マグネシウム」のご紹介でした。

薬に頼りすぎずに生活習慣を変える努力も大切ですね。

 

酸化マグネシウムはクセになりにくく、お腹も痛くならない薬ではありますが、初めて飲む際は念のため翌日に大切な予定がない日に試してみてくださいね。

 

▼赤ちゃんの便秘はこちらをご参考ください。

www.mixtwins.work

 

 ▼産後の体質変化で便秘は軽くなりました。

www.mixtwins.work